レディー

鬱の症状は治療で完治を目指そう|ココロの曇りを晴らします

うつっぽい気分を晴らす

看護師

医師の指示に従い、用法や用量を守って治療薬を使うと鬱の症状は軽減します。抑鬱効果を得ようとして過剰摂取すると副作用が生じる可能性があるので、要注意です。薬物療法と同時に十分な休養を取ることは、心身の負担を軽減するので重要です。

詳細へ

心の病気にならないために

笑顔の女の人

誰でもなる可能性がある

みなさんは鬱についてどのようなイメージを持っているでしょうか。自分はそんな病気にはならない、絶対に大丈夫だという人は少々危険かもしれません。そもそも鬱のような症状は心の病気として認知されていますが、心の病気は意志の弱い人や、弱弱しい性格の人がなるものだというイメージを持たれている傾向が強いです。しかし、必ずしもそうであるとは限りません。元々とても明るくリーダーシップがある人でも、心の病気に陥ってしまった例があるのです。一見明るく振る舞っている人でも、周囲の期待やプレッシャー、過度の抑圧などがありそれに耐えきれなくなって精神が崩壊してしまうこともあるのです。そのようなことになってしまう前に、いち早く症状に気づく必要があります。自分は大丈夫と思ってしまいがちですが、誰にでも起こり得ることだということを特に注意しておいてください。鬱になると、初期症状としては体調が悪くなります。起床がだるい、倦怠感、頭痛や腹痛などです。次に、今まで普通にこなしてきたことがだんだん面倒になり、さらにはやろうとしてもできなくなることがあります。そして最終的に考え方がマイナスになり、無気力になっていくのです。少しでもこれらの症状に当てはまったら、早期に対策をすることが大切です。とにかく、鬱を他人事だと思わないことが病気になるのを防ぐことになります。普段から意識して心と向き合うようにしましょう。もし鬱になってしまったら、無理をしてはいけません。また、周りにそのような人がいても責めたりするのは控えてください。症状が余計に悪化してしまいます。

新しいタイプも出ている

鬱というと、気分が落ち込んで何もかもやりたくなくなるという症状が出ることが一般に知られています。しかし、最近では心の病気というのはさらに複雑になってきており、一般に知られる鬱の症状とは全く異なる新しいタイプの鬱というのも出てきているのです。ぜひこちらの存在も知っておきましょう。最近出てきたタイプのものは躁鬱といいます。これは、気分が落ち込む症状のものとは対照的に、気分が落ち込んだり逆にやる気に満ち溢れたりを激しく繰り返すものです。これを見分けるのは本人の性格にもよるのでなんとも難しいところですが、異常なまでに気分の差が激しいのが特徴です。一般的な鬱だけでなく、もう一つのタイプのものもあるということを知っておくと、より心の病気を防ぎやすくなります。自分ではなかなか気づかないこともあるので、周囲も気にかけてあげることが大事です。そうかもしれないと思ったときには、最悪の事態になる前にその人のためになることをしてあげましょう。これらの心の病気は、すべてストレスが原因と言われています。ストレスを解消するには、やはりリラックスすることが一番となります。しかし、自分では思うようにストレス解消することができないという人は、医療機関を受診してもよいでしょう。医療機関では、処方箋を出してくれたり、カウンセリングを受けたりする事ができます。複数回の通院が必要になりますが、徐々に心や体への負担は解消されていくことでしょう。心の曇りを晴らしましょう。

苦しい気分障害に向き合う

男の人

鬱病は主に精神的なストレスから発症する病です。症状を適切に緩和したい場合は自分を責めずに病院に通って医師に治療してもらいましょう。鬱病にかかった場合、無理せず仕事を休んで回復に専念する価値は高いのです。休職について考えてみましょう。

詳細へ

適切な治療が回復を早める

看護師

鬱症状が重度になった場合、患者さん一人の努力では治すのが難しくなります。病院に足を運んで薬を処方してもらう事で治療をスムーズにしましょう。他にも鬱病を回復させるために音楽療法やスポーツ療法など多様な方法が存在しています。

詳細へ

特徴的な体や心のあらわれ

悩む男性

鬱病は、それまでの行動や考え方に徐々に変化が出てくるようになり、辛い症状となって体や心にあらわれてきます。不眠や食欲低下に情緒不安定などがしばらく続くと鬱病が疑われるようになり、症状を抑えていくことで改善できます。これには薬やカウンセリングによる治療が効果的で、症状を抑える働きをしてくれるのです。

詳細へ