女性

鬱の症状は治療で完治を目指そう|ココロの曇りを晴らします

うつっぽい気分を晴らす

看護師

治療薬活用の注意点

鬱病の薬物療法を行う場合の注意点としては、必ず医師から指導された用法や用量を守った上で活用する事が大切です。鬱の症状が現れる状況としては、人によって様々な状況があります。一旦鬱の症状が出始めると「自傷行為」と呼ばれる、自分の精神や身体を傷付けようとする行動が収まらなくなってしまったり、あるいは抑える事が難しくなってしまったりする場合があります。こうした場合に治療薬を活用する事で神経伝達物質の働きを抑えて、鬱の症状を和らげる事ができます。しかし薬が効くまでにはやや時間がかかってしまうため症状を抑えるためには少し時間が必要になります。職場などで自傷行為の症状が現れてしまった場合には、他者から誤解を受けてしまう事があります。病気に理解がある人ばかりであれば良いのですが、こうした症状が病気による症状であると認識していない人の方が一般的には多数であるため、誤解を受けてしまう事もあるのです。このように「周囲からの無用な誤解」を回避するためにも、鬱の症状を抑えるために治療薬を過剰に服用してしまう患者さんも少なくないのです。結果的に副作用が生じてしまう事になり、鬱の治療が難しくなってしまう事があるため注意したいポイントのひとつです。

治療前に知っておきたい事

鬱は誰にでも患う可能性がある病気であるとも言えます。鬱の状態になりやすくなってしまっていると感じた場合には、現在の環境を一度振り返って落ち着いて見直してみる事が大切です。人間関係で理不尽に他者から批判を受け続けてはいないかとか、自分が思っていることを他者にきちんと伝えて理解してもらう事ができているかとか、オーバーワーク気味で疲れている疲労感はないかといった点について見直してみましょう。もし上記が思い当たる場合には、可能な限り休養を取る時間を作ることが大切になります。休養は全ての精神病において効果があると言われている行動のひとつです。内臓の機能や脳の機能負担を和らげ、神経伝達物質の働きを正常化する効果があります。ストレスを強く感じにくくなるため、怒りっぽくなくなり、ささいな事でイライラしにくくもなるのです。薬物療法と平行して、効果的に休養を取ることができれば後々確実に鬱の改善効果を体感しやすくなります。結果的に仕事の能率が改善されたり、今まで気がつかなかった人間関係の変化に気がつくようになったり、周囲との接し方を改善する切っ掛けに結びつける事ができるなど、前向きなメリットが増えてくるはずです。